受験を目指す中学・高校生や独学する一般人のための英語・数学学習サイト

先 取 り 学 習

一般の公立中学校では、教科書の学習範囲が中心で、高校入試を意識した専門的な授業はほとんどなされていません。しかし、入試問題には独特の形態や難易度のものがあり、解き方をひとつひとつ覚えなければならず、そのために十分な時間が必要になります。高校受験では、遅くとも3学年の夏休み前までには教科書学習を終えて、それ以降は入試対策に全力で取り組むようにします。桜華塾の[中学生]講座では、1受講項目当りの講義を、通常なら14日、最短で10日間の修得が可能になります。したがって、順調に講義を続けて行けば、1年間で3年分の履修範囲をすべて受講することもできます。生徒様1人ひとりの学習スケジュールに合わせて授業を進められますから、一歩先の大学入試までを意識して、意欲のある方はどんどん先へ進むことができます。

・英語の入試問題対策

 ―― 主な設問形式の特徴を理解する

英語の設問形式には、よく出るものだけでも10種類ほどにおよび、それぞれに特徴があるので、1つひとつの問題について解答のコツを学びます。

「彼は野球がうまい」
 

この日本文を、通常の英作文では日本語をそのまま訳しますが、その場合、正答は1つではなく、日本文の内容に合えばよいことになります。しかし、次のような設問形式では異なります。

・条件英作文:
 (動詞:play)を使う → He plays baseball well.
 (名詞:player)を使う → He is a good baseball player.

・同意書き換え問題:
 上の文と同じ意味の文にするため空所に1語を入れる 
  He plays baseball well. = He (   ) play baseball well.   ・・・ 答え can

・整序英作文:
 (   )内の英語を並べかえて、日本文の意味を表す英文 をつくる。ただし、不要な1語をのぞく
  ( play / plays / well / he / baseball ).  
答 え → He plays baseball well. ・・・ play が不要

このように、同じ内容の日本語でも指定された設問の形式によっては答えが変わります。したがって、これらの「設問形式」についての正しい答え方を、時間をかけて覚えなければならないのです。


・数学の入試問題対策

 ―― 複数の項目が融合した問題の解き方を学ぶ

数学の入試問題の大きな特徴は、中学校3年間の学習項目が単独で出題されることはほとんどなく、いくつかの項目が融合、合体したものになります。当然のことながら、複雑で難関です。さらに、求める答えは同じでも、様々な種類の問題(=類題)がたくさん存在するので、それらを1問でも多くこなして解き方をマスターする必要があります。

問 題:図のように、関数 y = ax2 ・・・ ① のグラフ上に 2点 A, B があり、関数 y = bx2 ・・②  のグラフ上に2点 C, D がある。線分AB, CD は x 軸に平行である。 点 A の y 座標が 8、 点 C の座標 が(-2, -4)、四角形 ABCD の面積が 72 cm2 のとき、次の問いに答えなさい。ただし、座標の1目もりは 1cm とする。

 (1)a, b の値を求めなさい。
   ← 3学年:放物線の式 
     答 え a = 1/2  b = -1
 (2)2点 B, C を通る直線の式を求めなさい。
   ← 2学年:1次関数、連立方程式 
     答 え y = -6x - 16
 (3)関数 ① のグラフ上で、点 B と原点O の間に点P をとる。
   △ABP と △CDP  の面積の和が 36cm2 になるとき、
    ア 点P の x座標を t とするとき、 t の値を求めなさい。
     ← 1学年:平面図形、方程式
    答 え t = -2 
    イ △CDP を、線分 CD を軸として1回転させてできる
     立体の体積を求めなさい。ただし、円周率は π とする。
     ← 1学年:空間図形(立体の体積)
    答 え 48 cm3

このように、1つの問題の中に複数の項目が融合していますから、1項目でも分からないものがあると満点は得られません。

・入試対策 入試問題攻略特別講座

      
1問題の設問形式の種類と特徴を理解する
・英語と数学ごとにそれぞれ独特の形態
2問題の設問形式の解き方をマスターする
・各設問形式ごとの正しい解答の手順を身に着ける
3より多くの「類題」をこなして入試問題になれる
・答えが同じでも形や解答の手順が異なるだけで難易度が変わる

 夏休み前までに「教科書学習」を終えたならば、それ以降約半年間をかけてひたすら入試問題を攻略するための訓練を行います。そうすることに
 よって、「受験日に、会場で入試問題のレベルや内容、設問の仕方などを初めて知った」ということがなくなり、前もって十分な準備のもと、自信
 を持って試験にのぞむことができます。


↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system