特選 英語問題集

公立の上位校、国立・私立の難関校を目指す人の実力強化のために \(!\) 過去の入試問題を見ると、必ず出題される設問形式があります。それらの特徴を知り、実際に解いてみることで本番での解答力が身に着きます。当問題集には、入試に良く出る様々な形式の問題を独自に編集し、難関校には頻出の項目を中心に構成しております。本書を通じて、どのような問題にも対応できる能力を習得しましょう。

入試に良く出る問題形式

\(1.\) 適語補充問題 :(   )内に適当な語(句)を入れる問題
・次の(   )内に and, but, or の中から正しい \(1\) 語を入れなさい。
My mother is in the kitchen (        ) in the garden.

・次の(   )内の語の中から正しいものを選び○で囲みなさい。
I was listening music in my room (because, while, when) Father came home.

・(   ) 内に下の ア~エ より正しいものを選び、記号を入れなさい。
If it (       ) tomorrow, let's go skiing.
ア isn't snow イ will snow
ウ snows エ is snowing

・日本文の意味を表すように、(   )内に適語を入れなさい。
お久しぶりですね。
= It's a long time (       ) I saw you (      ).

\(2.\) 書き換え問題 :\(2\) つの英文がほぼ同じ意味になるよう書き換える問題

次の \(2\) 文がほぼ同じ意味になるように、(   )内に適語を入れなさい。
I was very rich, but I was not very happy.
= (        ) I was very rich, I was not very happy.

\(3.\) 整序(せいじょ)問題 :日本語の意味を表すように、与えられた語(句)を並べかえて正しい英文を作る問題

日本文の意味を表すように、(   )内に適語を入れなさい。
すぐ家を出れば、バスに間に合いますよ。
( you / leave / once / can / the / at / bus / home / catch / . / , )

\(4.\) 英文和訳 :与えられた英文を日本語に直す問題

次の英文を、日本語に直しなさい。
In the library, you can not only borrow a lot of kinds of books but also get much information with a computer.

\(5.\) 英作文 :与えられた日本文を英語に直す問題
次の英文を、日本語に直しなさい。
私たちが京都駅に着いたときは、どしゃぶりの雨だった。

・収録内容
第 \(\boldsymbol{1}\) 課:「私は~です」 \(be\)動詞の種類とその用法 人称代名詞
第 \(\boldsymbol{2}\) 課:「これは~です」 「これ、あれ、それ」 What~? What~? it の特別用法
第 \(\boldsymbol{3}\) 課:一般動詞 自動詞と他動詞、3人称単数現在形の作り方など
第 \(\boldsymbol{4}\) 課:冠詞・名詞・形容詞 名詞の単数と複数、How many … ? 形容詞の限定用法、叙述用法
第 \(\boldsymbol{5}\) 課:命令文・感嘆文 英語における文の意味上の種類
第 \(\boldsymbol{6}\) 課:代名詞・副詞・疑問詞 代名詞の格 副詞の位置 疑問詞の種類
第 \(\boldsymbol{7}\) 課:過去形 動詞の活用 (規則動詞と不規則動詞) 過去を表すことば
第 \(\boldsymbol{8}\) 課:名詞の種類・数詞 \(5\) つの名詞の種類 個数や順序を表すことば など
第 \(\boldsymbol{9}\) 課:助動詞 \(1\) 助動詞 can, may, must
第 \(\boldsymbol{10}\) 課:進行形 現在進行形と過去進行形
第 \(\boldsymbol{11}\) 課:前置詞 \((1)\) 場所・時間を表す前置詞、\(There\;\sim\) の文

・収録内容
第 \(\boldsymbol{1}\) 課:時制の復習 動詞の活用 現在形と過去形の意味
第 \(\boldsymbol{2}\) 課:接続詞 接続詞の種類とはたらき 接続詞を含む重要表現
第 \(\boldsymbol{3}\) 課:未来形 単純未来と意志未来 shall, will, be going to の用法
第 \(\boldsymbol{4}\) 課:助動詞 助動詞 can, may, must, will, should, need, had better
第 \(\boldsymbol{5}\) 課:前置詞 \(\boldsymbol{(2)}\) 主な前置詞のはたらき
第 \(\boldsymbol{6}\) 課:基本文型 \(5\) つの基本文型 文型の同意書きかえ
第 \(\boldsymbol{7}\) 課:不定詞 \(\boldsymbol{(1)}\) 不定詞の名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法
第 \(\boldsymbol{8}\) 課:動名詞 動名詞のはたらき 動名詞と不定詞
第 \(\boldsymbol{9}\) 課:比較 \(\boldsymbol{(1)}\) 形容詞・副詞の比較活用
第 \(\boldsymbol{10}\) 課:比較 \(\boldsymbol{(2)}\) 比較表現のいろいろ 原級 \(⇔\) 比較級 \(⇔\) 最上級 の書きかえ

・収録内容
第 \(\boldsymbol{1}\) 課:現在完了 現在完了 (継続・経験・完了・結果) 用法
第 \(\boldsymbol{2}\) 課:不定詞 \((2)\) の \(1\) 「疑問詞 \(+\) 不定詞」、「動詞 \(+\) 目的語 \(+\) 不定詞」の構文
第 \(\boldsymbol{3}\) 課:不定詞 \((2)\) の \(2\) It …for ~to do, too … to do, enough … to do
第 \(\boldsymbol{4}\) 課:受動態 能動態 \(⇔\) 受動態 の書きかえ 受動態の重要表現
第 \(\boldsymbol{5}\) 課:分 詞 現在分詞と過去分詞 分詞の形容詞用法 補語になる分詞
第 \(\boldsymbol{6}\) 課:間接疑問・付加疑問 間接疑問、付加疑問のつくり方 時制の一致
第 \(\boldsymbol{7}\) 課:関係代名詞 関係代名詞の種類と格 \(that\) の特別用法 関係代名詞の省略

この問題集の特色と活用法

inserted by FC2 system