標本調査

学校の健康診断や学力試験は、学校の生徒全員を対象とするので調査の対象となる全部のものについて調査する全数調査が適切であり、テレビの視聴率のように、対象者を選んで行う調査では標本調査が適切です。

標本調査 主な学習のポイント
・身の回りの調査、観察の仕方について学習する
・標本調査の方法を学習する
・標本調査を利用して母集団の傾向を推定する
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

全数調査と標本調査

物事を調査や観察をするとき、その対象となる物事全体のことを 母集団(ぼしゅうだん)といい、調査するために母集団より 選び出した一部分を標本(ひょうほん)といいます。 たとえば、「小学5年生の男子の体重」を調査する場合、
 母集団
 ―― 小学5年生の男子全員の体重
 標 本
 ―― 母集団より取り出した1人ひとりの体重
になります。
この調査において、母集団のすべての資料を取り出して調べる調査方法を全数調査(ぜんすうちょうさ)といい、特定の標本 を選び出して母集団全体の性質を推定する調査方法を標本調査(ひょうほんちょうさ)といいます。 売り出す前の商品について、その性能を調査する場合、その商品全部を調査すれば時間や費用、労力がかかりすぎ、実際 に行うにはムリがあります。したがって、このような調査では全数調査よりも標本調査が適切です。一方、学校の健康診断のように個々の対象について調査が必要な場合は全数調査を行います。 ただし、標本調査をするときには対象全部を調査しなくてもその対象の選び方には注意する必要があります。調査をする商品の数が極端に少なかったり、その商品を取り出す場所が同じ場所だったりと、調査にかたよりがあってはいけません。サイコロや、 くじびきといった方法でかたよりなく公平に、標本を取り出すことで人の意志がはたらかないようにします。このような標本の選び方 を無作為抽出法(むさくいちゅうしゅつほう)、または、無作為に抽出するといいます。


母集団を推定する


例 題:
袋の中に、黒い碁石(ごいし)が入っている。
この黒い碁石の個数を調査するために、白い碁石を
100個その袋に入れ、袋の中をよく混ぜ合わせて、
その中から碁石をひとつかみ取り 出し、白と黒の
碁石の個数を数えてからそれらをもとにもどす。
これを5回くり返した結果を、下のような表に
表した。このとき、 袋の中には黒い碁石が何個
入っているかを推定しなさい。

標本を取り出したときの個数のバランスと、母集団における個数のバランスは同じであると考えます。 つまり、標本を無作為に抽出したとき、標本における個数の比率は母集団における個数の比率と同じになります。 ただし、無作為に抽出したとしても、1回だけの抽出では結果が適切かどうかの判断ができないので、複数回抽出します。 ここでは、5回抽出して、その平均値を利用して母集団の性質を推定します。5回抽出した結果、黒い碁石の平均個数は

となるので、その比率は
(白い碁石の個数):(黒い碁石の個数)
 = 2.2 : 40 = 22 : 400
 = 11 : 200

母集団においてもほぼ同じ比率と考えられるので、袋の中に入っている黒い碁石の個数を x とすると、
(白い碁石の個数):(黒い碁石の個数)
 = 100 : x = 11 : 200
 11x = 20000
 x = 1818.181

この場合、端数はあまり関係がありません。
∴ 答 え
  袋の中にはおよそ 1800個の黒い碁石が入っている


例 題:
ある工場では、1日にクッキーを200,000枚
製造する。このうち、100枚のクッキーを無作為
に抽出したとき、その中の1枚が割れていた。
この工場で製造したクッキー200,000枚の
うち、およそ何枚が割れていたと推定できるか。

問題文より、1日にクッキーを200,000枚製造した中で割れているものの枚数を x とすると、
 割れているクッキーの全体との比率
 母集団において、

(全クッキーの枚数):(割れてるクッキーの枚数)
 = 200,000 : x
  ―― ①

 標本において、

(全クッキーの枚数):(割れてるクッキーの枚数)
 = 100 : 1
  ―― ②

標本を取り出したときの比率と母集団における比率は同じであると考えられるので、

200,000 : x = 100 : 1
100x = 200,000
x = 2000

よって、
 およそ 2000 枚が割れていると推定できます

各種問題集

英語[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

数学[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

1学期総復習

2学期以降、英語の苦手意識がつかないよう復習

2学期総復習

広範囲で複雑な英語学習に対応した問題

トレーニング問題

入試英語の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

トレーニング問題

入試数学の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

特選英語問題

難関校向け英語実力強化問題

ハイレベル模擬テスト

難関校向け英語実力テスト

↑ PAGE TOP