桜 華 塾 の 役 割 に つ い て

桜華塾が目指すもの

私たちは、主に英語と数学を学習する中学生や、これらを学ぶその他の学生や一般の方の学力アップをサポートするために 立ち上げたサイトです。学校授業だけでは、また、社会へ出てあらためて一人で勉強するには理解に困難がともないます。良い 教材や教師のもとで正しく学ぶことがもっとも速く、最も良い勉強法であるのは確かです。ただ、一人で勉強することに決してか なわないところもあります。それは、密度です。勉強に打ち込む時間の濃さです。一人であるからこそ濃く、濃いからこそ強い。 私たちは、一人で頑張る皆さんのために少しでも役に立てるように努力します。 中学教育において、一般の公立校では、決められた指導内容に基づいた形式的な学習方法がとられることが多く、そのため 受験に必要な応用力を養う指導がおろそかになってしまいます。そこで、多くの生徒の皆さんは、それを補うために夜遅くまで塾通いをしなければならないのが現実です。私たちは、英語や数学において学校の授業では足りない応用力を養い、問題 解答のコツを身に着けるのに役に立つ情報を提供しております。英語学習において、よく英和辞典では中学校課程で覚えるべ き最重要基本単語の数を約2000語に、また、高校課程ではその数を約6000語(英検2級レベル)に設定して、見出し語に印 をつけています。このうち、中学生が高校受験用に覚えるべき単語数は、ふつう、標準レベルの公立校なら1000~1500語程度、難関校では公立校の2倍程度になります。また、高校生では標準レベルの私立大学であれば約3000語程度、国立や難関 私立大学では4500語以上が必要で、中学生の3倍の数に達します。ここで、試しにみなさんが1度に覚えられる英単語の数を 割り出し、その数で上にあげた単語数を割ってみてください。その値が、単純に中学校や高校の3年間でマスターするのに必要 な日数であると言えます。これは英単語についての話しで、英語の他の部門や英語以外の履修科目についても同じように学習 すべき中身の量と日数を考えば、

「どのくらいの分量をいつまでにマスターすべきか」

を1人ひとりが最初に見極め、それに基づく勉強計画を立てることが最も重要になります。英単語の例のように、志望校によって覚えなければならない分量が異ることは明らかですから、受験生はなるべく早い時期に計画を立て、その計画にしたがって学習を進めるべきです。当塾では、学力アップの大きな手助けとなるトレーニング問題集や英語と数学について受験対応の学習セミナーを用意しておりますので、合わせてご利用いただけると幸いです。

当サイトを利用するにあたって

各項目は、中学校・高校の学習課程に準拠しておりますが、受験に対応した英語と数学として特に受験を目指すみなさんを意識した内容となっております。入試に良く出る構文や単語の用法をふんだんに使っておりますので、それらを暗記するだけでも十分役立つでしょう。あなたの学習スタイルやライフスタイルに合わせて有効に利用していただき、志望校へ合格できるように願っています。一緒に頑張りましょう。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system