数学教科の現状と入試対策

数学の学力をアップさせるコツとしては、1. 言葉の意味や公式について「理くつとして深く」理解する(要点整理)2. 1 の「要点」がどのように応用されているかをたくさんの具体的な問題集によって理解する(トレーニング学習)手順をとるようにします。

数学という教科を理解しよう!

次のような問題が出たとします。

  

‐6-2 × 1/2

 

このとき、よくこのようなミスをするケースを見かけます。

 

= -(6+2) × 1/2
= -8 × 1/2 = 4

小学校のとき、「足し算や引き算は掛け算や割り算の後に行う」というルールを忘れていると、このようなミスにつながって しまいます。多くの数学の先生方がおっしゃっていますが、

「数学とは1度学習したことが次の土台となる
『積み重ねの教科』」

なので、そのとき分からかったことが今こうして出てきた場合は、もう1度その時点へ戻って理解し直すしかありません。「前に学習した項目」が「次に学習する項目」を理解するための大切な「手段」となるわけです。したがって、そのときしっかり覚えきれないものがあると次の項目を学習するときに苦労することになります。数学に苦手意識を持つ生徒はとても多いです が、英語のように中学校で覚える単語や熟語が2, 3000語に対して、数学で覚える定義や公式はせいぜい2, 300です。覚えようと思えば、比較的短時間でまとめることができるので、それを使えば、分からないものがあったならその都度見直すと は可能ですから、案外覚えやすい教科と言えるのです。

数学は積み重ねの教科

公立中学校の数学授業は進行が遅い!

下の表は、一般公立中学校の数学の年間指導計画を表したものです。このように、公立中学のカリキュラでは入試 直前まで入試には必ず出題される「三平方の定理」「円周角の定理」といった重要項目を学習しているのが現状です。これでは、到底十分な入試対策の時間が持てません。公立中学では中1数学の計算や図形の基礎や基本を1年もかけて学ぶ のに対して、中3数学で学ぶ入試に必要な応用力を身に着けるのに必要な項目をたった10ヶ月で学ばなければならないのは、カリキュラムとしては明らかに不適切と言わなければなりません。そこで、

入試にとって特に重要な項目は何か?

それをいつまでにマスターすべきか?

 

を知って、それに沿った学習カリキュラムを実践すること(=先取り学習)が必要になります。

授業カリキュラム
入試対策は先取り学習で

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system