次 へ >>

主な助動詞のはたらき

文を疑問文や否定文にしたり、動詞に新たな意味を加えるときには助動詞を用います。〈動詞を助けることば〉だから助動詞といいます。 表現が複雑になるにつれて動詞だけでは、話し手の気持ちを表現することが十分にできなくなります。このようなとき、助動詞を使うことで表現がより豊かになります。 ここでは、1学年で学習した助動詞の他にいくつかの重要なものについて学習します。

助動詞 主な学習内容
助動詞のはたらき
can, may
must, should, had better など
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

助動詞の主なはたらき

助動詞が文中でどのようなはたらきをするかをもう1度復習しておきましょう

① 助動詞としての〈be
  進行形や受動態をつくるはたらき

be動詞は動詞としてのはたらきのほかに、助動詞としても用いられます。〈be+現在分詞〉の形で進行形を表しますが、この場合の〈be〉は助動詞で、動詞である現在分詞といっしょになって進行形を作っています。受動態(じゅどうたい)については3学年でくわしく学習します。

He is making a model ship.
is making = (V)
 彼は模型の船を[つくっています]


② 助動詞としての〈do
  疑問文や否定文をつくる

be動詞では、文頭に置いて疑問文にしたり、その後に not をつけて否定文にできますが、 一般動詞はそれができません。そこで、助動詞の do を使います。
 Do you like chocolate ?
  チョコレートは好きですか
 Yumi doesn't have coffee for breakfast.
  ユミは朝食にコーヒーは飲まない
 Did you go to the library yesterday ?
  昨日図書館へ行きましたか


③ 助動詞としての〈have
  完了形をつくるはたらき [have/has + 過去分詞]

完了形については3学年で学習します。

各種問題集

英語[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

数学[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

1学期総復習

2学期以降、英語の苦手意識がつかないよう復習

2学期総復習

広範囲で複雑な英語学習に対応した問題

トレーニング問題

入試英語の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

トレーニング問題

入試数学の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

特選英語問題

難関校向け英語実力強化問題

ハイレベル模擬テスト

難関校向け英語実力テスト

↑ PAGE TOP