次 へ >>

5つの基本文型

英語で文の構造を変えるというのは、文の要素(主語・述語動詞・目的語・補語)の組み合わせを変えることです。そして、これら4つの要素の組み合わせを文型(ぶんけい)と呼びます。文型には 5つの基本文型があります。

基本文型 主な学習のポイント
・文の要素と5つの文型について学習する
・5つの文型の文に用いる動詞について理解する
・基本文型のの書きかえをマスターする
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

日本語と英語の大きな違いの1つに、英語には日本語の「」や「」を表す語がなく、語順をかえることでそれを表すと言いました。
 I like this pen.
 私はこのペンが好きだ
 ← このペンを好む
 This pen is mine.
 このペンは私のものだ

 このように、日本語では「は」や「を」を使って文型をかえることができますが、英語では「は」や「を」に当たる語がないので 'this pen' の位置をかえることでそれを可能にします。ここでは文の構造について学びます。英語において、文の構造を変えるというのは、文の要素(主語・述語動詞・目的語・補語)の組み合わせを変えることをいいます。そして、文の要素の組み合わせを文型(ぶんけい)といいます。文型は5つに分類することができます。 

第1文型 S + V
第2文型 S + V + C
第3文型 S + V + O
第4文型 S + V + IO + DO
第5文型 S + V + O + C

動詞を分類するとき、文の要素となる「目的語」と「補語」を必要とするかどうかで分けます。動詞は、目的語を必要としないものが自動詞(vi. = intransitive verb)、目的語を必要とするものが他動詞(vt. = transitive verb)でした。さらに、自動詞の中で補語を必要としないものを完全自動詞といい、必要とするものを不完全動詞といいます。同じく、他動詞の中で目的語だけを必要とするものを完全他動詞といい、目的語と補語を必要とするものを不完全他動詞といいます。基本文型に使われる動詞には、この4つの種類があることをまず覚えましょう。

*自動詞(vi.)
動詞の種類 完全自動詞 不完全自動詞
目的語 不必要 不必要
補  語 不必要 必  要
文  型 1文型 2文型

*他動詞(vt.)
動詞の種類 完全他動詞 不完全他動詞
目的語 必 要 必 要
補  語 不必要 必 要
文 型 3・4文型 5文型

各種問題集

英語[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

数学[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

1学期総復習

2学期以降、英語の苦手意識がつかないよう復習

2学期総復習

広範囲で複雑な英語学習に対応した問題

トレーニング問題

入試英語の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

トレーニング問題

入試数学の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

特選英語問題

難関校向け英語実力強化問題

ハイレベル模擬テスト

難関校向け英語実力テスト

↑ PAGE TOP