受験生や独学する一般人のための学習サイト

  

5つの基本文型

文型は、文の要素の有無や配列に基づいて、いくつかの型に分類したものをいいます。文の要素には、主語・述語動詞・補語・目的語があり、この組み合わせによって \(\boldsymbol{5}\) の文型が成り立ちます。

基本文型 主な学習のポイント
・文の要素と \(\boldsymbol{5}\) つの文型について学習する
・\(\boldsymbol{5}\) つの文型の文に用いる動詞について理解する
・基本文型のの書きかえをマスターする
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

日本語と英語の大きな違いの \(1\) つに、英語には日本語の「」や「」を表す語がなく、 語順をかえることでそれを表すと言いました。

I like this pen.
私はこのペンが好きだ
\(←\) このペンを好む
This pen is mine.
このペンは私のものだ

日本語では「は」や「を」を使って文型をかえることができますが、英語では「は」や「を」に当たる語がないので \('this\; pen'\) の位置をかえることでそれを可能にします。英語で文の構造を変えるとは、文の要素の組み合わせを変えることをいい、この組み合わせが文型で、次の \(5\) つに分類されます。

\begin{eqnarray} & &\mathbf{第1文型}\;:\;\boldsymbol{S+V}\\[5px] & &\mathbf{第2文型}\;:\;\boldsymbol{S+V+C}\\[5px] & &\mathbf{第3文型}\;:\;\boldsymbol{S+V+O}\\[5px] & &\mathbf{第4文型}\;:\;\boldsymbol{S+V+IO+DO}\\[5px] & &\mathbf{第5文型}\;:\;\boldsymbol{S+V+O+C} \end{eqnarray}

それぞれの文型に使われる動詞の中で、目的語を必要としないものを自動詞 (\(vi.=\)intransitive verb)、 目的語を必要とするものを他動詞 \((vt.=\)transitive verb) といいます。 さらに、自動詞の中で補語を必要としないものを完全自動詞、 必要とするものを不完全動詞といいます。同じく、他動詞の中で目的語だけを必要とするものを 完全他動詞、目的語と補語を必要とするものを不完全他動詞 といいます。基本文型に使われる動詞は、この \(4\) つになります。

*自動詞 \((vi.)\)
動詞の種類 完全自動詞 不完全自動詞
目的語 不必要 不必要
補  語 不必要 必  要
文  型 第 \(1\) 文型 第 \(2\) 文型

*他動詞 \((vt.)\)
動詞の種類 完全他動詞 不完全他動詞
目的語 必 要 必 要
補  語 不必要 必 要
文 型 第 \(3・4\) 文型 第 \(5\) 文型

自動詞と他動詞

自動詞は、
目的語を必要としない
: A tree stands.
他動詞は、
目的語を必要とする
: I like soccer very much.

inserted by FC2 system