次 へ >>

関係詞とは?

関係詞(かんけいし) 2つの文を1つに結んで、関係させる詞(ことば)をいいます。2つの文を結びつける働きをする ことばには接続詞がありますが、接続詞と違う点は、関係詞の場合、後ろに1つの文を伴うと同時に自分の前にある名詞を修飾するという2つのはたらきをします。 関係詞によって伴われる文は形容詞節として名詞を修飾します。つまり、関係詞は名詞を修飾する形容詞節をつくることばであると 言えます。そして、関係詞を含む形容詞節によって修飾される名詞を特別に先行詞(せんこうし)といいます。形容詞節よりもに来ることばと覚えましょう。

関係代名詞  主な学習のポイント
・関係詞の意味やそのはたらきを理解する
・関係代名詞・関係形容詞についての理解を深める
・発展学習:関係副詞と関係詞の特別用法について学習する
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

次の日本文を見てください。

a)「私は昨日、音楽を聞きました」
 +
b)その音楽は日本で人気がありました」
=
c) 「私は昨日、日本で人気のある音楽を聞きました」

a)と b)は、 b)が a)の「音楽」を説明している関係にあります。 仮に a)を、主な内容を表すという文という意味から主文(しゅぶん)、 b)を、主文の特定部分を説明するという意味 から説明文と呼びましょう。そして、これら2つの文をつなぐと c)の文になります。 このとき、 a)の「音楽」という名詞を修飾し、さらに b)の文をつなぐ関係詞は c)の文には存在しません。日本語では、 関係詞がなくても直接これらをつなぐことができます。しかし、英語では関係詞がないと2文をつなぐことができません。

主 文
 a) I lisetned to the music.
説明文
 b) The music was popular in Japan.
a) + b)
 I listened to the music which was popular in Japan.
 × I listened to the music was popular in Japan.

which が2つの文をつなぐ役目を果たす関係詞です。そして、この which には次のようなはたらきがあります。

文 a)  と 文 b) を結ぶ接続詞になる
[which 節]内で the music の代わり[代名詞]になる

a)+b) の文において、 the music を関係詞 which の先行詞といい、 先行詞を修飾する形容詞節のことを「先行詞節」と言います。また、関係詞には、次の3つの種類があります。

・先行詞節内の関係詞が代名詞 ・・・ 関係代名詞
・先行詞節内の関係詞が形容詞 ・・・ 関係形容詞
・先行詞節内の関係詞が副 詞 ・・・ 関係副詞

各種問題集

英語[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

数学[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

1学期総復習

2学期以降、英語の苦手意識がつかないよう復習

2学期総復習

広範囲で複雑な英語学習に対応した問題

トレーニング問題

入試英語の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

トレーニング問題

入試数学の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

特選英語問題

難関校向け英語実力強化問題

ハイレベル模擬テスト

難関校向け英語実力テスト

↑ PAGE TOP