次 へ >>

能動態と受動態

動作を行う人やものを「行為者」としいます。 ふつう、行為者を主語にして「〇は[が]~する」のような文を能動態(のうどうたい)、 「行為者」の動作を受けるものを主語して、「△は〇に[よって]~される」 のような言い方の文を受動態(じゅどうたい)といいます。動作を受けるものは、 能動態の文の目的語に当りますので、受動態を作れる動詞は他動詞に限られます。

受動態 主な学習内容
・能動態と受動態について理解する
・受動態の特別なはたらきをマスターする
・「by+行為者」以外の受動態について学習する
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

受動態の基本

次の 2つの文を比べてみましょう。
(1)[サムは]その窓を割った。
(2)その窓は[サムによって]割られた。

どちらも、同じ内容を表していますが、主語が変わると見方も違ってきます。
(1)S:行為者 サム]は
 ⇒ O:[行為を受ける窓]を V:[割った]
(2)S:[行為を受ける窓]は
 ⇒ [行為者]によって V:[割られた]

文の内容は「主語」で決まります。何について述べているのかを表すのが主語だからです。上の文のように、行為を行う側、 受ける側を 主語にすることによって、違った文が出来上がります。行為を行う側が主語になる文を能動態(のうどうたい)、行為を 受ける側が主語になる 文を受動態(じゅどうたい)といいます。 上の日本語を、それぞれ英語に直すと、

(1)サムがその窓を割った[能動態]
Sam broke the window.
サムが 割った。 その 窓を
(S) (V) M (O)

(1)その窓はサムによって割られた[受動態]
The window was broken by Sam.
その 窓は 割られた。 によって サム
M (S) V' (V・C) [ M ]

受動態の基本形
[A] + be動詞+過去分詞 + by ~ [B]
受動態の意味
B が A によって~される

進行形で学習した通り、受動態で用いられるbe動詞は助動詞であり、過去分詞は現在分詞[ing形]と同じく 主語の動作や状態を表す動詞と主語の様子を説明する形容詞のはたらきをし、〈be動詞+過去分詞〉で1つの述語動詞(V)になります。

能動態 ⇔ 受動態

ここでは、能動態から受動態、受動態から能動態への文の書きかえについて学習します。

能動態から受動態への書きかえ

「彼はこの絵を描いた」 を英語に直すと、

  He painted this picture.

この文を受動態に直すには次の手順で行います。
He ⇒ This picture
① 能動態の文の目的語を主語にする
* 代名詞の場合は、目的格を主格にかえる
painted ⇒ was painted
② 述語動詞を「be動詞+過去分詞」にする
* be動詞は、時制や受動態の文の主語の人称、数によって形が決める
He ⇒ by him.
③ 能動態の文の主語を 「by … 」の形にして、
  文末に置く

* 代名詞の場合は「by+代名詞の目的格」の形にする
 ⇒
This picture was painted by him.
「この絵は彼によって描かれた」

受動態から能動態への書きかえ

受動態の文を能動態に書きかえるには、先ほどの動作の逆を行います。
by him ⇒  He
① 行為を行うものを主語にする
* 代名詞の場合は、目的格を主格にかえる
was painted ⇒  painted
② 述語動詞を能動態に変える
*同時に能動態の動詞の時制や数を整える
This picture ⇒  this picture.
③ 受動態の主語を目的語の位置へ移す
*代名詞の場合は、主格から目的格にかえる

受動態の文の主語は行為を受けるものであり、能動態の文の目的語になります。よって、受動態をつくる動詞は、原則として目的語を必要とする他動詞や他動詞のはたらきをする群動詞でなければなりません。
Mary plays the piano well.
メアリーはピアノを上手にひきます
⇒ The piano is played well by Mary.
ピアノはメアリーによって上手に〈ひかれます〉


・have 「持っている」、lack 「欠いている」など
 状態を表す他動詞は受動態になりません
 Paul has a larger house.
 ポールは広い家を持っている
 ⇒ × A large house is had by Paul.
 広い家はポールによって持たれている


受動態の時制

a)現在形:am [are, is] + 過去分詞
 ――「~される」

All the children like their parents.
子供たちは全員、自分たちの親が好きだ
Their parents are liked by all the children.
 子供たちの親は、子供たち全員〈から〉好かれている
 ← 子供たち全員〈によって〉

b)過去形:was / were + 過去分詞
 ――「~された」

Peter wrote this novel in 1998.
ピーターは1998年にこの小説を書いた
This novel was written by Peter in 1998.
この小説は1998年にピーター〈が〉書いた
 ← ピーター〈によって〉書かれた

c)未来形:will be +過去分詞
 ――「~されるだろう」

He will finish the work next week.
彼はその仕事を来週終えます
The work will be finished by him next week.
 その仕事は〈彼が〉来週終えます
 ← 彼〈によって〉終えられるでしょう

受動態に直したときの日本語の訳し方:
日本語で受動態を表現するとき、「小説はピーター〈が〉書いた」や、「仕事は彼〈が〉終えます」などのように言い、「~によって…された」とはふつう言いません。


進行形と完了形の受動態

d)進行形:be動詞+being +過去分詞
 ――「~されてるところだ(だった)」

He is mending my watch now.
彼は今、私の時計を修理中です
My watch is being mended by him now.
 私の時計は今、〈彼が〉修理中だ
 ← 〈彼によって〉修理されている

Jane was reading the textbook then.
その時、ジェーンは教科書を読んでいた
The textbook was being read by Jane then.
 その時、教科書はジェーン〈が〉読んでいた
 ← ジェーン〈によって〉読まれていた

e)完了形:have/has been + 過去分詞
 ――「~された、されてきた、されたことがある」

We have spent many years building the bridge.
私たちは、その橋を造るのに長い年月を費やしてきた
Many years have been spent building the bridge
 by us.
 私たちによって、長い年月がその橋を造るのに費やされ
 てきた

完了進行形の受動態もありますが、述語動詞部分が長くなることが多いので、あまり好んで用いられないようです。
The meeting〈has been being prepared〉 all the day.
会議の準備が、1日中ずっと続けられている。
 ← その会議は1日中〈ずっと準備され続けている〉


受動態の疑問文と否定文

受動態の疑問文、否定文のつくり方は、be動詞の疑問文、否定文と同じようにします。

受動態の否定文:S + be動詞 + not + 過去分詞

Mr. and Mrs. Smith didn't invite me to the party.
スミス夫妻は私をパーティーに招待しなかった
→ I wasn't invited to the party by Mr. and Mrs. Smith.
 私はスミス夫妻〈から〉パーティーに招待され
 なかった


受動態の疑問文:Be動詞 + S + 過去分詞 ?

Did Masao make this model plane ? 
→ Was this model plane made by Masao ?  
 この模型飛行機〈〉マサオ〈が〉作ったのですか
 ← マサオ〈によって〉作られたのか

       

疑問詞を含む受動態の疑問文

疑問詞が文中で主語や主語以外の場合が考えられます。

疑問詞が主語以外の場合
 :疑問詞 + be動詞 + S + 過去分詞 ?

 … 疑問詞の後に一般の受動態の疑問文が続きます
What do you call this flower in English ?
→ What is this flower called in English ?
 この花〈は〉英語で何といいますか
 ← 〈何と〉呼ばれますか

疑問詞が主語の場合
 :疑問詞 + be動詞 + 過去分詞 ?
 
 … 疑問文ですが平叙文の語順になります
What did the students discuss this flowerhere ?
生徒たちはここで何を議論しましたか
→ What was discussed by the students here ?
 ここで、生徒たち〈が〉議論したのは〈何〉ですか。
 生徒たち〈によって〉〈何が〉議論されたか



・「だれによって~されるか [されたか]」の疑問文は2通り
 Who/Whom + be動詞 + S + 過去分詞 + by ~ ?
 または By whom + be動詞 + S + 過去分詞 ~ ?

Who painted this fence ?
だれがこのフェンスにペンキを塗りましたか。
Who was this fence painted by ?
Whom was this fence painted by ?
By whom was this fence painted ?
このフェンス〈は〉だれ〈が〉ペンキ〈を〉
塗りましたか。
← だれ〈によって〉ペンキを塗られたか

助動詞を含む受動態の否定文・疑問文

否定文
 ――S + 助動詞 + not be + 過去分詞

We cannot see this star in Japan.
→ This star cannot be seen in Japan.
 この星〈は〉日本では見られません
He has never used that computer
→ That computer has never been used by him.
 そのコンピュータ〈は〉彼が1度も使ったことがない。
 ← 彼によって1度も使われたことがない

疑問文
 ――助動詞 + S + be + 過去分詞 ~ ?

Must we finish the work by tomorrow ?
→ Must the work be finished by tomorrow ?
 その仕事は明日までに〈済まされ〉なければなり
 ませんか。
How often has Tom visited Tokyo Skytree ?
→ How often has Tokyo Skytree been visited
  by
Tom ?
 トムは何度東京スカイツリーへ行ったことが
 ありますか

 ← トム〈によって〉何度訪問されたか

 ・完了形の受動態の否定文、疑問文
否定文:S+have [has] not [never] been + 過去分詞
疑問文:Have [Has] + S + been + 過去分詞 ~ ?

各種問題集

英語[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

数学[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

1学期総復習

2学期以降、英語の苦手意識がつかないよう復習

2学期総復習

広範囲で複雑な英語学習に対応した問題

トレーニング問題

入試英語の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

トレーニング問題

入試数学の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

特選英語問題

難関校向け英語実力強化問題

ハイレベル模擬テスト

難関校向け英語実力テスト

↑ PAGE TOP