次 へ >>

「疑問詞+不定詞」

不定詞の 3つの用法(名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法)について学習しましたが、ここでは、不定詞を含む重要構文について理解します。「疑問詞+不定詞」「S+V+O+不定詞」 などは入試でよく出題されるものですから、とても重要です。

不定詞(2) 主な学習のポイント
・「疑問詞 + 不定詞」 の構文を理解する
・「S + V + O + 不定詞」 の構文を理解する
・不定詞を用いた重要表現をマスターする
この項目についてお聞きになりたいことは、 「*ご質問・お問わせ」からお願いします

a) 〈疑問詞+不定詞〉の用法

名詞句をつくり、文中で主語・目的語・補語・前置詞の目的語になります。この用法に用いるのは、why 以外の疑問詞と whether です。

〈疑問詞+不定詞〉
who to do
「だれを[に]~すべきか」
how to do
「~する仕方、どのように~すべきか」
what to do
「何を~すべきか」
where to do
「どこに(で、へ)~すべきか」
when to do
「いつ~すべきか」
which to do
「どれ(どちら)を~すべきか」
whether to do
「~すべきかどうか」

「主 語」

「~すべきかは(が)」を表して文の主語になります

Where to go on a picnic is not clear.
どこへピクニックに行くか〈は/が〉はっきりしてません。
 ← どこへ行くべきかは
Whether or not to go there isn't a problem.
そこへ行くべきかどうか〈は/が〉問題ではない。

「目的語」

第3文型〈SVO〉の目的語や、第4文型〈SVOO〉の直接目的語[DO]になります
Please tell me how to get to the station.
駅に行く方法を教えてください。
 ← どのようにして行くべきか〈を〉
第4文型のDO

Do you know what to do next ?
次に何をしたらいいかわかりますか。
 ← 何をすべきか
第3文型の目的語

He didn't know when to start.
彼はいつ発ったらいいか分からなかった。
 ← いつ出発すべきかを
第3文型の目的語

Will you tell me where to go with you ?
あなたとどこ行くのか教えてください。
 ← 〈どこに行くべきかを〉私に教える
第4文型の[DO]

The child couldn't dicided which to buy.  
その子はどちらを買ったらいいか決められなかった。
 ← どっちを買うべきかを
第3文型の目的語

「補 語」

「~すべきか(ということ)」の意味の補語になります

 The problem is how to escape from here.
問題はいかにしてここから脱出するかだ。
 ← どのように脱出するか

「前置詞の目的語」

〈疑問詞 + 不定詞〉が「自動詞 + 前置詞」の後に来て前置詞の目的語になります

Shall we talk about when to start for the top ?  
いつ頂上へ向けて出発したらいいか〈を〉話し合いましょう。
 ← いつ出発べきか〈について〉

             


 ・〈疑問詞+不定詞〉=助動詞 should を用いた名詞節
Please tell me how to go to the station.
= Please tell me how I should go to the station.
私がどのようにして駅へ行くべきかを教えてください。
Do you know what to do next ? 
= Do you know what I should do next ?
私が次に何をすべきか知っていますか。
The problem is how to escape from here.
= The problem is how I should escape from here.
問題は私がどうやってここから脱出すべきかということだ。

 上の should に書きかえられた文を間接疑問文(かんせつぎもんぶん)といいます。

b) 〈疑問詞+名詞+不定詞〉

 疑問形容詞 what, which, whose の直後に名詞が来る形です。
what
 I wanted to know what time to start.
 何時に出発したらいいか知りたかった。
 ←〈何時に〉出発すべきかを
 = I wanted to know what time I should start.

whose
 She wondered whose songs to listen to.
 彼女はだれの歌を聞こうかと思った。
 ←〈誰の歌を〉聞くべきかを
 = She wondered whose songs she should listen to.

which
 Do you know which bus to take.
 どちらのバスに乗ったらいいか知っていますか。
 ←〈どちらのバスに〉乗るべきか
 = Do you know which bus we should take.

〈疑問詞+不定詞〉の構文に用いる動詞の重要表現

know
 ――「知っている、分かる」
= have an idea [of]
「(~という)考えを持っている」

We don't know when and where to go there.
私たちはそこへいつ、どこへ行ったらよいのか知らない。
= We have no idea (of) when and where to go there.
 ← 考えが全くない。 (不定詞句 = 目的語)

of はしばしば省略されます。この場合、of の前後が
idea = when and where to go there と同格になっています。

learn + how to do = learn to do
 ――「~の仕方を覚える」

Has Jim learned how to drive (a car) ? 
ジムは車の運転を覚えましたか。
 ← 〈どのように〉車を運転〈すべきかを〉
= Has Jim learned to drive (a car) ?
ふつうの不定詞の名詞的用法に書き換え可能

talk about = discuss
 ――「~について話し合う」

We talked about how to collect information.
情報収集のし方〈を〉話し合った
 ← 情報を集める仕方〈について〉話し合う
= We discussed how to collect information.
*〈自動詞+前置詞〉=他動詞 の関係になります

同じ意味を表す動詞を用いた文ですが、同じ不定詞句が、一方は前置詞の目的語に、もう一方は他動詞の目的語に なる例です。discuss は、他動詞でありながら「~について話し合う、論じる」の意味になりますが、discuss about ~ とはしないので注意しましょう。


・〈疑問詞+不定詞〉と〈不定詞〉が目的語の動詞!

次のように、目的語に〈疑問詞+不定詞〉をとった場合と〈不定詞〉をとった場合で意味が異なる動詞があります
ask
 ――「たずねる ⇔ 頼む」

I asked the man where to buy a ticket.  
私はその男性にどこで切符を買ったらいいか〈たずねた〉
Mother asked me to buy  milk.  
母は私にミルクを買ってきてくれるように〈頼んだ〉

remember
 ――「覚えている ⇔ 忘れずに~する」

Do you remember which train to take to Kyoto ?  
京都へ行くにはどちらの電車に乗ったらいいか〈覚えていますか〉。
Remember to do your homework after dinner. 
夕食後、忘れずに宿題をしなさい
 = Don't forget to do your homework after dinner.

tell
 ――「教える ⇔ ~するように言う」

He told me what to do next.  
彼は私に次に何をしたらいいかを〈教えたくれた〉
He told me to do it next.  
彼は私に次にそれをするように〈言った〉

各種問題集

英語[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

数学[基礎固め]問題集

一般公立校、中堅私立校向け基礎固め問題 おすすめ

1学期総復習

2学期以降、英語の苦手意識がつかないよう復習

2学期総復習

広範囲で複雑な英語学習に対応した問題

トレーニング問題

入試英語の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

トレーニング問題

入試数学の要点整理と活用法をこの1冊で修得 おすすめ

特選英語問題

難関校向け英語実力強化問題

ハイレベル模擬テスト

難関校向け英語実力テスト

↑ PAGE TOP